県内初 「特定少年」として起訴された当時19歳の男の裁判 検察は懲役5年を求刑 《新潟》

県内初 「特定少年」として起訴された当時19歳の男の裁判 検察は懲役5年を求刑 《新潟》

  • TeNYテレビ新潟NEWS
  • 更新日:2023/01/25
No image

県内初 「特定少年」として起訴された当時19歳の男の裁判 検察は懲役5年を求刑 《新潟》

県内で初めて、「特定少年」として起訴された当時19歳の男の裁判で検察は懲役5年を求刑しました。

起訴されているのは20歳の男です。起訴状などによると、男はおととし4月、柏崎市の道路で制限速度を超えるスピードで車を運転し大型トラックと衝突…。

一緒に乗っていた男性を死亡させた罪に問われています。

当時19歳だった男は少年法の改正後、県内では初めて「特定少年」として起訴されました。

検察側は「被害結果が重大で反省を深めていない」などとして懲役5年を求刑。一方、弁護側は、「遺族に真摯に向き合い更生するための環境もある」などとして執行猶予つきの判決を求めています。

判決は1月30日に言い渡されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加