【甲子園】京都国際のプロ注目左腕・森下は3回4失点 4回から2番手・森田がマウンドへ

【甲子園】京都国際のプロ注目左腕・森下は3回4失点 4回から2番手・森田がマウンドへ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇第104回全国高校野球選手権大会・1回戦 京都国際-一関学院(2022年8月6日 甲子園)

No image

<第1日 第3試合 一関学院・京都国際>京都国際・先発の森下 (撮影・奥 調)

京都国際のプロ注目左腕・森下瑠大(3年)が3回4失点で2番手・森田大翔(3年)にマウンドをゆずった。

立ち上がりから苦しんだ。打線が3番・辻井心(3年)の適時打で先制。だが、その裏、1死から3連打を浴び、同点にされると2死一、二塁では中堅右へ適時二塁打を許し2点を失った。

3回にも1死二塁から適時打を許して失点。4回からは森田がマウンドに上がり、森下は右翼の守備についた。

森下は2年生だった昨年も春夏、甲子園を経験しており、夏はベスト4入りした。今春のセンバツは新型コロナウイルス集団感染のため出場辞退。昨夏以来の聖地のマウンドとなった。京都大会は5月に左肘を痛めていた影響で、登板は準決勝、決勝の2試合のみだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加