DeNA、相手の偽装スタートで捕手が悪送球 二進許し適時打浴びる

DeNA、相手の偽装スタートで捕手が悪送球 二進許し適時打浴びる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

広島対DeNA 5回裏広島2死一塁、打者西川の時、走者がいない状況で二塁に悪送球する山本(撮影・加藤孝規)

<広島5-3DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

DeNAが慌てたプレーをきっかけに失点した。

1-2の5回2死一塁。広島の一塁走者、小園が偽装スタートを切った。2、3歩進んだところで止まり、一塁に戻りかけた。ところがDeNAの捕手山本祐大が二塁へ送球。これがワンバウンドとなった。二塁のカバーに入った遊撃森敬斗は捕球できず、送球が中前に抜けていった。これを見た小園は二塁に進塁した。

記録は山本の悪送球で2死二塁となり、ロメロ投手が西川に中前へ適時打を浴び、3点目につながった。

▽DeNAロメロ(5回2/3で5失点も、守備が乱れて自責点は2)「守備から流れをつくろうと思い投げていましたが、流れをつくれず申し訳ない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加