ソフトバンク・松田宣が10号2ラン 8年連続の2ケタ本塁打「自分の良いスイング」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム)

ソフトバンクの松田宣浩内野手が8年連続の2ケタ本塁打を達成した。三回に10号2ランを右中間のホームランテラス席に放った。

ソフトバンクは二回まで5-0とリード。三回表に楽天の下水流に反撃の1号2ランを浴びていたが、すぐに松田宣の一発で2点を取り返して再び5点リードに戻した。

ダイヤモンドを一周し、ベンチに戻ると今季恒例の手洗いジェスチャーからのサイレンと熱男ポーズを決めてご満悦。「打ったのはストレートです。自分の良いスイングで、しっかり押し込めて打てました。2点返されたすぐだったので、追加点を取れて良かったです」とコメントした。

松田宣は20本塁打だった2013年以降、2ケタ本塁打を継続している。近年では18年が32本塁打、昨季が30本塁打。通算本塁打は284本となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加