日本ハム 中田、五十幡が登録抹消 ともに実戦復帰までに3週間

日本ハム 中田、五十幡が登録抹消 ともに実戦復帰までに3週間

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

8日の阪神戦で3回、一塁へ駆け込んだ時に腰を痛め、うずくまる中田

日本ハムは9日、8日の阪神戦(札幌ド)で負傷交代した中田翔内野手(32)、ドラフト2位・五十幡亮汰外野手(22)=中大=が、同戦後に札幌市内の病院で精密検査を受けた結果、中田が「急性腰痛」、五十幡が「左ハムストリングス肉離れ(1度)」と診断されたと発表した。ともに実戦復帰までは3週間の見通しで、この日、出場選手登録を抹消された。

五十幡は初回の守備中に違和感を覚えて打席に立たずに交代。中田は三回1死満塁で三ゴロを放ち、一塁を駆け抜けた後にうずくまり、担架で運ばれた。栗山監督は2人の戦線離脱について「本当に自分にとっても重い。何とかしてあげたかったなとか、色んな思いがある」と複雑な表情で語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加