150分の1でリアルに再現!「銀座線1000系特別仕様車」「日比谷線13000系」のBトレインショーティー発売

150分の1でリアルに再現!「銀座線1000系特別仕様車」「日比谷線13000系」のBトレインショーティー発売

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/13

東京メトロ(東京台東区)とメトロコマース(同)は、「銀座線1000系特別仕様車」「日比谷線13000系」のBトレインショーティーを2017年10月14日に発売する。

No image

フリースペースや優先席の位置なども統一

「銀座線1000系特別仕様車」は、銀座線開通当時の旧1000形をモチーフにした特別仕様車両モデル。通常の1000系とは違い、前照灯の一灯化、内装手すりと握り棒を真鍮色に変更した車両で、旧車両ではなじみ深いポイント通過時に点灯した非常灯も再現されているという。

「日比谷線13000系」は、17年3月25日に本格運用を開始した車両モデル。直通運転を行っている東武鉄道70000系と共同設計の車両で20メートル×7両編成、4ドアの仕様になっている。また、フリースペースや優先席の位置なども統一されている。

どちらも150分の1スケール、先頭車+中間車の2両セット、彩色済キット(ユーザー組立て)、行き先シール付き。

価格は各2300円(税込)。

ECサイト「メトロの缶詰」「メトロの缶詰Yahoo!店」、グッズショップ「メトロス 押上店」、東京メトロ定期券発売所、地下鉄博物館、書泉グランデ、書泉ブックタワーなどで取り扱う。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
【東京モーターショー2017】ヤマハは『MOTOROiD』や『MOTOBOT Ver.2』 など20モデルを出展
ボロ物件で家賃年収2000万へ! 現金200万円以下で買える物件で不動産投資に成功した男
阪急電鉄の「壮大なる鉄道プロジェクト」の舞台裏
【東京モーターショー2017】ロボティクスモビリティ WHILL NEXT 試乗展示を予定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加