神ってる、本当に流行っている? 流行語「大賞」に「初めて聞いた」

神ってる、本当に流行っている? 流行語「大賞」に「初めて聞いた」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/12/01
No image

大賞「神ってる」に賛否両論(写真はカープ・鈴木選手)

2016年12月1日の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」表彰式で栄えある「年間大賞」に選ばれたのは、25年ぶりのリーグ優勝を遂げたプロ野球・広島東洋カープの活躍を象徴する言葉「神ってる」だった。

6月のオリックスとの連戦で2試合連続のサヨナラ本塁打を放った鈴木誠也選手の好調ぶりを評し、緒方孝市監督が発した言葉だ。チームの躍進をうけ、カープファンの女性を指す「カープ女子」という言葉も世間に浸透した。それでもツイッターには、「神ってる」の大賞決定に「神ってる、とか初めて聞いたわ」と言う声も上がっている。

「日本シリーズよりこっちの方が緊張します」

受賞者はカープの緒方孝市監督と鈴木誠也選手の2人。表彰式には鈴木選手が列席し、「年間大賞」に選出されると、壇上で

「日本シリーズよりこっちの方が緊張します。(受賞は)信じられないです」

と語った。

「神ってる」といわれるほど調子が良かった理由は、

「わかりません。それでも多くのファンに名前を覚えてもらって本当にうれしく思います。今は野次を浴びることも多いので、うれしい言葉をかけてもらえるよう来シーズンは頑張ります」

と語った。

「新語・流行語大賞」主催者側は、「神ってる」の受賞について、

「カープ女子で女性や広島県外のファンが増えたのが2年前、そして世界の黒田が古巣に帰ってきたのが1年前、この女子力と男気、そして鯉の滝昇りを地で行く勢いで活躍を見せたタナキクマル、セイヤに代表される若い力。そしてなによりも戦後初めて広島を訪問したアメリカ大統領オバマ氏を快く迎え入れた広島市民の平和を希求する懐の深さと、いつの時も広島カープを応援し続けるカープファンが融合したカープは強かったのだ」

と解説する。

デーブ・スペクター「もっとも流行していない流行語大賞」

一方、ツイッター反応を見ると、「神ってる」の大賞決定に納得できない人も多いようだ。

「神ってるとか言ったことねえw」
「とりあえず 神ってるとか1回も使った事ないですけど 流行ってるんですか?」
「神ってる、とか初めて聞いたわ」

という声が寄せられており、テレビプロデューサーのデーブ・スペクターさんは

「もっとも流行していない流行語大賞を発表→神ってる」

と皮肉り、かがやけTokyoの東京都議・おときた駿氏は

「皆さん書かれてますが、今年も周りで誰も使ってない言葉が選ばれたなあ」

とつぶやいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
各球団発表、12月8日の入団、背番号変更、スタッフ人事は?
ハム連覇へ村田透が強い決意 栗山監督も活躍確信「間違いなく数字残す」
きょう驚きの記録が 40度差も 今村涼子の「今天」
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加