小林幸子、元山古志村長の思い込め...今年も“幸子米”

小林幸子、元山古志村長の思い込め...今年も“幸子米”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

演歌歌手小林幸子(63)が12日、新潟県長岡市山古志地区(旧山古志村)にある“小林幸子田”で、稲の脱穀作業を行った。山古志小の児童と一緒に作業し、約240キロのもみが出来上がった。

No image

山古志地区の小林幸子田で収穫された稲の脱穀作業を行った小林幸子

幸子田は04年の中越地震で甚大な被害を受けた同地に、復興のシンボルとして06年に誕生。当時の山古志村村長で、今年8月に他界した衆院議員の長島忠美氏から譲り受けた田んぼだった。幸子は「次期の復興大臣だと思っていたので残念」と話し、「“田んぼを永久に使ってね”とおっしゃっていたので、足腰が元気な限りは米作りを続けたい」と意欲を見せた。

また、1年半ぶりの新曲「存在証明」が12月6日に発売。傷ついた人に向けて母親のように歌うメッセージソングとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浅田真央さんの交際報道に広瀬気象予報士「許せない。許さない」 涙が出そうに...
高橋克典、断食で11キロダイエットに成功「ほうれい線も消えた」
スリムクラブ真栄田、ゴリとの確執を激白「大嫌い」
辻希美、凄腕の料理を披露するも「まさかのミス」で批判殺到
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加