中日荒木「荒木デー」に7回代打で右前打の役者ぶり

中日荒木「荒木デー」に7回代打で右前打の役者ぶり

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/07/18
No image

7回裏1死、代打の荒木は右前打を放つ(撮影・前岡正明)

<中日1-5巨人>◇17日◇ナゴヤドーム

中日荒木雅博内野手(39)が役者ぶりを示した。自らの名前を冠した「荒木デー」に7回1死で代打で登場し、マイコラスから右前打を放った。

実は、体の状態が万全ではなく、1軍には残っていたものの、出場は6月30日の広島戦以来だった。試合後にはお立ち台が用意され「今日はすみませんでした。負けゲームでもこんなに残ってくれて幸せなチームだと思った。上位浮上のチャンスは残っているので、ご来場お待ちしています」と力を込めた。

試合前には6月3日の楽天戦(ナゴヤドーム)で達成した通算2000安打のセレモニーもあった。連盟表彰に続き、中日と名球会の先輩である立浪和義氏(47)から名球会ブレザーを授与され、大きな歓声を浴びていた。熊本から来た両親の前で元気な姿を見せたが、2000安打達成日に続く敗戦に、心の底からは笑えなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神村学園、涙の逆転甲子園切符 春から無敗の九州王者いざ聖地へ
身長228センチの張さんが、世界初の高層ガラス張りプールに美女と入ってみた―中国
強すぎ広島カープ...!ファン唯一の懸念は、やっぱりアレだった
阪神 西岡、一時同点の適時打“激怒”の真相は「なめられたくない」
日本ハム栗山監督続投!補強不発に幹部「ごめん...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加