辻監督「1本出なかっただけ」6カードぶり負け越し

辻監督「1本出なかっただけ」6カードぶり負け越し

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

1回裏オリックス2死、クリス・マレーロに先制ソロ本塁打を浴びた菊池雄星(撮影・渦原淳)

<オリックス4-2西武>◇10日◇京セラドーム

西武が6カードぶりに、同一カードで負け越した。

菊池雄星投手(26)を先発に立てたが、2-2と同点に追いついた直後の8回裏、2四球を与えた後、吉田正に勝ち越し打を許した。菊池は被安打3で12三振を奪ったが、踏ん張りきれなかった。「四球からなので悔いが残る。大事なイニングだと意識して上がりましたけど」と唇をかんだ。

打線は11試合連続5得点以上だった打線は、散発5安打で2点に終わった。辻監督は「こんなもんでしょ野球って。1本出ないと。誰が悪い訳じゃない。1本出なかっただけで。(8回に同点弾の)浅村は見事。ホームランがほしいところで1本打ってくれた」と淡々と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NHK ニュースで広陵・中村の新記録6号を生中継できず「バッドタイミング」
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加