MH370便の捜索に関わっていた外交官が暗殺される! 謎の脅迫、アメリカ人調査員、少数民族... 渦巻く疑惑と陰謀とは!?

MH370便の捜索に関わっていた外交官が暗殺される! 謎の脅迫、アメリカ人調査員、少数民族... 渦巻く疑惑と陰謀とは!?

  • TOCANA
  • 更新日:2017/09/15
No image

マレーシアの外交官がマダガスカルで銃撃を受けて殺害される事件が起きている。犯人は捕まっておらず、犯行に及んだ動機なども謎のままなのだが、故人はあの“航空史上最大のミステリー”であるマレーシア航空MH370便の調査に関わっていたことが判明してさまざまな臆測を呼んでいる。

■MH370便の残骸収集を担当していた外交官が殺害される

“航空史上最大のミステリー”として、今なお大部分が謎に包まれている未解決事件が2014年3月8日に起こったマレーシア航空MH370便の墜落事故だ。

乗員乗客239名を乗せた同機はクアラルンプールをたち北京へ向かっていたが、離陸約50分後に機影がレーダーから消失。その後の行方はまったくわからず、インド洋のどこかに墜落したと考えられるものの墜落地点は特定できず、機体の胴体部分も発見されないまま大規模な捜索活動は終了を余儀なくされた。

しかしながら、ボランティアや独立グループによって機体の残骸の発見と回収などの活動は今もまだ続いている。アメリカ人の法律家でありマダガスカルとモザンビークで自主的にMH370便の残骸を捜索しているブレイン・ギブソン氏もそうした“ボランティア調査員”の1人だ。

No image

ギブソン氏(中央)、右が殺害されたラザ氏「News.com.au」の記事より

マダガスカル領内で発見・回収されたMH370便のものとおぼしき残骸は当局とマレーシア領事館に報告することになっている。その後領事館が主導してそれらの物品をマレーシア本国に届ける手はずになっているのだ。そしてこの手続きの担当をしていたのが、8月24日にマダガスカルの首都・アンタナナリボの路上で車に乗車中に銃撃された外交官のザヒド・ラザ氏なのである。もちろんギブソン氏はラザ氏と面識があった。

そして事件のあった時点で、ラザ氏はギブソン氏が発見した同機のものである可能性が高い残骸の2点を領事館で預かっていたということだ。この残骸とラザ氏の“暗殺”に何か関係があるのではと、一部から疑惑を指摘する声が上がっている。そしてギブソン氏本人もまた、残骸の捜索活動に対してある筋から殺害をほのめかす脅迫を受けたことがあると地元紙「Malay Mail」に話している。とすれば今回のラザ氏の殺害は“ある筋”によって脅迫の末に下された犯行なのだろうか。

■マダガスカル運輸省内で保管されている残骸を回収する予定だった?

かつてオーストラリアの捜索チームが西オーストラリア沖のインド洋で大規模に行ったMH370便の捜索活動に専門家として協力したビクター・イアネッロ医師は自身のブログで、ギブソン氏が“懸念される人物”であるじゅうぶんな理由があると言及している。

イアネッロ医師によれば、昨年11月にギブソン氏が発見した6点の残骸がラザ氏の協力のもとでマレーシアに送り届けられたという。この一件にマダガスカル内の何らかの勢力が反応して今回の“暗殺”につながった可能性があるとイアネッロ医師は指摘している。

そして暗殺された日かどうかはともかく、ラザ氏は近々マダガスカルの運輸省を訪れる予定であったということだ。その目的はマダガスカル運輸省内で保管されているMH370便のものと思しき残骸を回収して本国へ送るためであったというのである。

今回の“暗殺”にギブソン氏は身の危険を感じ、近々公開するはずであったMH370便の残骸に関する新情報をいったん保留することを自身のブログで述べている。事件の背後にはまだまだ深い闇が横たわっているようだ。

No image

殺害現場の模様 「News.com.au」の記事より

■少数民族の恨みを買っていた事実も

フランス語のニュースサイト「ZINFOS 974」では、ラザ氏の“暗殺”について別の可能性を指摘している。ラザ氏は少数民族の恨みを買っていた人物であるというのだ。

インド=パキスタン系マイノリティであるカラナの子どもたちが誘拐される事件が2009年にマダガスカルのフィアナランツォア州で起こったのだが、犯行に深く関わっているとされたのがこのラザ氏であった。

一度は逮捕されてマダガスカルのトサイアファイーで拘留され、その後アンタニモア刑務所に収容されたのだが、外交官特権ということなのかそれ以上の罪を追求されることなくしばらくすると移動の自由が与えられ、いつでもマレーシアに帰ることができるようになったという。これがカラナの人々の憤慨をさらに強いものにしたという。

しかし前出のイアネッロ医師によれば、このラザ氏の誘拐容疑は濡れ衣の可能性も高いということである。

「期待できるのは、こうして事件を取り巻く事実がいろいろ浮かび上がってきていることです。しかし驚くべきはラザ氏の暗殺について、本国のマレーシアと、マダガスカルのかつての統治国・フランスが沈黙を貫いていることですね」(ビクター・イアネッロ医師)

画像は「wikipediau」より

いずれにしても一筋縄では解明できそうもない今回の“暗殺”事件だが、今後どのような新事実が浮かび上がってくるのか興味深い。
(文=仲田しんじ)

参考:「Independent」、「News.com.au」、ほか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ギネス「世界一縦に長い髪型」が超フォトジェニック 世界が注目する親子とは?
【衝撃】メキシコの洞窟で“完全にグレイ型”な古代エイリアンの壁画が新発見される! マヤ文明と宇宙人を繋ぐ決定的証拠か!
北朝鮮情勢をめぐる「悪魔の政治学」
【フィリピン】ミンダナオ島「ISIS内戦被害者に、200万ペソを寄付」Noah Foundation
逃げる女を確保...ところが止めたはずのパトカーが
  • このエントリーをはてなブックマークに追加