羽生欠場も影響、17年ぶり男女シングルメダルなし

羽生欠場も影響、17年ぶり男女シングルメダルなし

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

男子フリー 演技を終えた友野は花を手に引き揚げる(撮影・山崎安昭)

<フィギュアスケート:GP第4戦NHK杯>◇11日◇大阪市中央体育館◇男子フリー

ショートプログラム(SP)6位の友野一希(19=同大)がフリー152・05点の合計231・93点で7位、同10位の佐藤洸彬(21=岩手大)がフリー123・25点の合計199・20点で11位となり表彰台を逃した。

14年ソチ五輪金メダリスト羽生結弦(22=ANA)の欠場も影響し、00年以来、17年ぶりに男女シングルでそろってメダルなしとなった。

友野と佐藤は今大会がGPデビュー戦。友野は演技序盤に組み込んだ4回転サルコーをいずれもミスし「ショート(SP)が良かった分、もっと上を目指したかった。悔しい思いがある。たくさん課題が見つかって、逆に楽しい」とサバサバした表情で振り返った。佐藤はジャンプの乱れが続き、演技後は悔しさをにじませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦トロントでリハビリ 全日本出場は分からず
羽生結弦を「ケガ欠場」まで追い詰めたメディアの罪
三原舞依「何で会えないかな...」振付師“行方不明”
羽生結弦がトロントに戻っていた 小林強化部長「治療とリハビリを続けている」/フィギュア
「好きなスポーツ選手」圧倒的人気の1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加