最新ランキングをチェックしよう
アンダースローのワインドアップ(W)日本経済分析の指針となる長期のビューのまとめ

アンダースローのワインドアップ(W)日本経済分析の指針となる長期のビューのまとめ

  • ZUU online
  • 更新日:2018/04/17

シンカー:日本経済分析の指針となる、3年から5年程度の長期のビューをまとめた。
潜在成長率が上昇し、アベノミクスとともに、構造的な回復が進行しつつある。
労働投入量の寄与がバブル期以来のプラスに改善した。完全雇用と需要超過の中で投資活動が強くなり、生産性が上昇し、成長率が持続的に強くなる好循環が生まれる。
景気拡大の初期はインプット、後期には生産性で、潜在成長率は上昇していく。
まだ好循環には入っ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カジュアル、フォーマルの両方で通用する時計とは?
ゴーン事件から学ぶ「社員に心を砕く経営者」がいなくなった理由
「日産・ゴーン氏事件」で問われる“日本人の品格”
ソフトバンクがヤバい!? 通信障害より深刻なトラブルが、上場直前に続々
AGC(旭硝子)が推進するオープンイノベーション戦略とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加