プレゼンの成否を左右する「スクリーン前の立ち居振る舞い」とは?

プレゼンの成否を左右する「スクリーン前の立ち居振る舞い」とは?

  • ハーバー・ビジネス・オンライン
  • 更新日:2017/11/13
No image

allanfernancato via pixabay (CC0 Public Domain)

◆構成力を高めると表現力が高まる!?

枠組思考で3点話法を展開し、その前後にメッセージを組み込むと、構成が構築できるとともに、聞き手に訴求するポイントが明確になることは前回お話した。

そればかりではない。20年来の演習経験をふまえれば、メッセージを組み込むという構成力が高まると、プレゼン表現力が高まるという相関があることがわかっている。

プレゼン表現力というスキルをパーツ分解すると、コアスキルは、聞き手に対してターンできるかどうかというスキルに行き着く。

会場の片隅で、演台の上におかれたパソコンを凝視しながらプレゼンをしているケースも少なくない。パソコンを見ていなくても、スクリーンに投影されたパワーポイント画像をみて、聞き手に背を向けてしまったりするケースも多い。

これでは、聞き手は、スクリーンを注視するかもしれないが、話し手を注視しない。その分、聞き手の集中度の低下は加速してしまう。

◆スクリーンの位置と話し手の位置を間違えるな

私が経験したもっとも異様なケースは、前方のスクリーンとは逆側の会場の後ろにしかPCが置けず、PCの頁繰りを遠隔操作するため機器もなく、会場の後ろからプレゼンが行われていたケースだ。

これでは、聞き手は、前方のスクリーンを見てよいのか、後方の話し手を見てよいのかわからない。ましてや、後ろから声が聞こえるということは、後ろに人に立たれると気持ち悪いように、違和感を覚えさせる。

これは、世界を代表するグローバルカンパニーの日本支社で行われていた例だが、話し手が遠慮して、下座から話そうとする余り、スクリーンは前方、話し手は後方というパターンが散見される。

◆「ハタシタ」でターンをする

読者は既にお気づきのとおり、スクリーンと話し手は基本的には同じ方向に立つということが、聞き手の集中度の低下を小さくするために効果的だ。スクリーンを背にして話し手が立つということが、基本的な立ち位置だ。

スクリーンを背にして話し手が立つ場合には、話し手にはターンのスキルが必要となる。ターンのスキルとは、レーザーポインタなどでスクリーンを指して、かつ、聞き手の方を向きながら話すために必要なスキルだ。

ターンのスキルも分解すれば、体得して、実践しやすくなる。聞き手の方を向いて話す(ハナス)。話すのをやめて、スクリーンに向かってターンする(ターン)、スクリーンをレーザーポインタで示す(シメス)、聞き手に向かってターンする(ターン)という分解行動だ。私はこれらを、頭文字をとって、「ハタシタ」のスキルと呼んでいる。

この「ハタシタ」のスキル、大事なことは、ターンする時は話をしない、話をしている時は聞き手に向かい合い、ターンをしないということだ。慣れるまでは、話をしないことに抵抗感や不安を覚えたりするものだが、話をしないことで、間をつくることができ、聞き手を引き付ける度合を高めることができる。

◆腰から体の軸ごとターンをする

そして、ターンをするときは目だけや顔だけを動かすのではなく腰から体の軸毎にターンするということが大事だ。演習をしていると、目だけ動いていて、聞き手に奇妙な目つきと思われてしまうケース、首だけ動いて違和感を覚えさせるケースなどが多発する。

腰から体の軸毎ターンをするという動作は、意外と難しい。頭ではわかっていても、体で再現しづらい動作のひとつだ。何度も実際に体を動かしてみて体得することをお勧めする。これは反復演習しないとなかなか身に付かないが、反復演習すれば、たいがい身に付く。

この動作を反復演習すると、日頃の立ち居振る舞いも生き生きとしてスマートになる。相手を引き付ける動作の分解スキルは、腰から体の軸毎ターンするスキルであると言える。

演習している時は、極端に大きな動きで腰からターンをするくらいの動作を繰り返すことで、スマートなターンの動きを体得することができるのでお試しいただきたい。

【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第57回】

<文/山口博>

【山口 博(やまぐち・ひろし)】グローバルトレーニングトレーナー。モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社、2016年3月)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい、2017年8月)がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
篠崎愛、セクシーインスタ公開!なぜか韓国で爆発的な人気に!
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
「あんまり怒らない人」にありがちなこと8つに共感の声 「すごくわかる」「あるある」「当てはまりすぎて怖い」
「ハンバーガーがおいしいと思うファストフード店」ランキング 1位は断トツで...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加