Angry BirdsのRovioが10億ドルのIPOを計画

Angry BirdsのRovioが10億ドルのIPOを計画

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/09/16
No image

Angry Birdsを覚えているだろうか?まあ、おそらくIPOを正当化できる位には沢山の人がまだ遊んでいるのだろう。

この人気のあるスマートフォンゲームの親会社であるRovio Entertainment(フィンランド)は、2週間以内のHelsinki Nasdaqでの株式公開の準備を進めている。そして、同社はIPOのための価格設定を、評価額およそ10億ドルとして算出した。これは彼らが望んでいると言われていた20億ドル以上の価格よりもずっと少ない。

しかし、同社が目標としている1株当たり10.25ユーロから11.50ユーロの価格で公開されれば、まだ「ユニコーン」になることができる。IPOでは約3000万ユーロ(現時点で約40億円)を調達することになる。

Angry Birdsアプリは2009年に発売されて以来37億回ダウンロードされている。昨年にはこのゲームの成功を利用して、映画”Angry Birds Movie”も制作された。

同社はAccel、Atomico、Felicis Venturesなどから、少なくとも4200万ドルの出資金を調達している。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドローンはここまで来た!DJI最新モデル『Spark』は最強の空飛ぶデジタルカメラだ!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 1日限定でAnkerのiPhone関連アイテムも登場
【東京ゲームショウ2017】女の子とイチャイチャできるVR特集 これぞ男の夢だ!
WeChat、ユーザー情報の中国当局への引渡しを認める
新iPhoneでワイヤレス充電器デビューする初心者に。3480円のお手軽モデルがベルキンから登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加