柴崎岳、絶妙スルーパスで移籍後初アシスト!首位撃破に貢献...デポルティボは4連勝

柴崎岳、絶妙スルーパスで移籍後初アシスト!首位撃破に貢献...デポルティボは4連勝

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/01/20
No image

柴崎岳【写真:Getty Images】

【デポルティボ 1-0 カディス セグンダ・ディビシオン第24節】

セグンダ・ディビシオン第24節、デポルティボ・ラ・コルーニャ対カディス が現地時間19日に行われた。試合はホームのデポルティボが1-0で勝利を収めた。

デポルティボに所属する日本代表MF柴崎岳は、ボランチで先発。2試合連続の先発となった。柴崎は正確なパスでゲームを組み立て、決勝点をアシストした。

現在リーグ21位のデポルティボが首位カディス相手に善戦。前半は得点を与えず、0-0で折り返した。60分、浮き球に対して相手DFの裏に抜け出したモジェホがペナルティエリア内で後ろから倒されたように見えたが、笛は鳴らず。デポルティボはPK獲得とはならなかった。だが、後半はホームのデポルティボがボールを保持する時間が続く。

均衡が破れたのは65分。デポルティボが先制に成功する。ペナルティエリア手前の左でボールを受けた柴崎が、エリア内に走り込んできたメリノに絶妙なスルーパス。メリノがGKとの1対1を制し、デポルティボが先制に成功した。柴崎はこれで移籍後初アシストとなった。

先制に成功したデポルティボは、その後もボールを保持し試合を優位に進めていく。柴崎も中盤で果敢にディフェンスにいき、カディスにリズムを作らせない。

結局デポルティボが1点を守りきり、1-0で勝利を収めた。勝利したデポルティボは4連勝となった。

【得点者】
65分 1-0 メリノ(デポルティボ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ベンチに置いていた監督は解雇すべき」「ようやく笑った!」岡崎慎司の2020年初弾に現地紙&ファン絶賛!
久保建英「個人的にはVARは好きじゃない」。率直な発言にスペイン紙賛辞
神戸のベルギー代表DF、「愛らしく...美しい妻」の“商店街ショット”反響「キュート」
『NEXTロナウド』と呼ばれても...微妙だった選手たち
今「お給料が高い選手」TOP10、一体いくらもらっているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加