【速報】錦織 2大会連続の初戦敗退。日本人対決は西岡に軍配

【速報】錦織 2大会連続の初戦敗退。日本人対決は西岡に軍配

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2019/08/15
No image

「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月11~18日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で、第6シードの錦織圭(日本/日清食品)が世界77位の西岡良仁(日本/ミキハウス)と対戦。6(2)-7、4-6のストレートで錦織が敗れ、2回戦敗退。勝利した西岡が3回戦進出を果たした。

勝利した西岡は、3回戦でアレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦する。デミノーはライリー・オペルカ(アメリカ)を破っての勝ち上がり。

第2セットは西岡のサービスゲームから。第1セットを6(2)-7で落とした錦織は、セット間にも点鼻薬を使用し、少ししんどそうな表情も見せていたが、両者ラブゲームで序盤3ゲームをキープし合った。

第4ゲームでデュースの末に西岡にブレークポイントを握られたが、ここは錦織が粘り勝ち、なんとかキープする。

続く第5ゲームでは錦織が逆にデュースに持ち込んでブレークポイントを握ったが、ブレークすることができない。

第6ゲームで0-40とピンチを迎えた錦織だが、ここをなんとかしのぐと、続く第7ゲームでブレークに成功。ついに1ブレークアップとリードを作った。

しかし、直後の第8ゲームで西岡にブレークバックを喫し、ゲームカウント4-4と振り出しに戻されてしまう。

そしてゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームで、またも西岡にブレークを喫した錦織が4-6で第2セットを落とし、2回戦敗退となった。

これで錦織は「ATP1000 モントリオール」に続き、2大会連続の初戦敗退。「全米オープン」に向けて不安の残る結果となった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 モントリオール」での錦織
(Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メドベージェフが前回王者ジョコに勝利、ゴフィンとの決勝へ W&Sオープン
錦織「コートに戻る」。26日開幕の全米OPに向け練習再開
バド園田、嘉村組が三度目の正直へ 五輪切符へ勝負
マレー 2週連続で単に臨む
桃田や「ナガマツ」が連覇に挑む、五輪前年のバドミントン世界王者は誰だ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加