餅×ドーナツの福島ソウルフード「凍天」を食べてみた!“サクふわもちっ”の食感とヨモギの香りがクセになる

餅×ドーナツの福島ソウルフード「凍天」を食べてみた!“サクふわもちっ”の食感とヨモギの香りがクセになる

  • えん食べ
  • 更新日:2018/01/13
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

ラーメン×チャーハン、焼きそば×パン。背徳感はあるけれど炭水化物と炭水化物の組み合わせって最高においしいですよね…。

この度、ドーナツ×餅という魅惑のコラボが楽しめるご当地フードを福島県で発見いたしました。その名も「凍天(しみてん)」。お餅の専門店「もち処木乃幡」で販売されています。価格は150円(税込)。

凍天は、ドーナツのような生地でお餅を包んで揚げたお菓子。中に入っているのは一般的なお餅ではなく、ヨモギなどを混ぜた草餅を寒風で乾燥させた保存食「凍もち」です。

紙の包装に入った凍天は揚げたて熱々。生地の外側はサックリ、内側はふんわり。そこにもちもち伸びーる凍みもちが加わることで“サクふわもちっ”とした食感に。これはクセになる!

ドーナツのような甘く香ばしい味わいの中で、ヨモギの風味がアクセント。さわやかな香りがふわっと鼻に抜けていきます。しっかり食べごたえはあるのに重すぎないのが素晴らしい!

合わせて木乃幡特製のつぶあんを入れた「あんこ凍天」も購入。価格は170円(税込)。

凍天ならではの食感にホクホクとしたつぶあんも加わってとてもにぎやか。ヨモギの青々とした風味とあんのまろやかな甘みが一体となって口内を満たします。ノーマル凍天とあんこ入り2つ食べるとかなりお腹にたまるので、シェアして食べるのもいいかも。

凍天は福島県と宮城県にあるもち処木乃幡の店舗で購入可能。できたてが最高においしいのですがお取り寄せもできるので、足を運べない方は同店の公式サイトをチェックしてみて!

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中居正広「おいしい!」と感激! 金スマで名人が作った本場キムチの秘密とは
ポール・ボキューズ氏死去=仏料理界の巨匠、91歳
コスパ高っ!コンビニの「100円おつまみ」でワンコイン宅飲み
【裏ワザ】サイゼリヤはテイクアウトできる! プロが教える「家サイゼ」が最高すぎた
【コンビニ新商品で開運!】運気がアップする、最強巻き寿司はこれ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加