チェルノブイリ原発の石棺を覆う「巨大シェルター」の設置映像が公開

チェルノブイリ原発の石棺を覆う「巨大シェルター」の設置映像が公開

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2016/12/02
No image

1986年4月26日、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所がメルトダウン。人類史上最悪と言われる原発事故を引き起こした。30年経った今でもその爪痕は残っており、爆発した4号機は「石棺」と呼ばれるコンクリートなどの建造物で覆われてきた。

しかし、石棺が老朽化。放射性物質が漏れる恐れがあるため、新たなシェルターで覆う計画が進行していた。そして2016年11月29日、長年かけて準備された計画が完了した。それに伴い、設置するまでの映像が公開されている。

・シェルターを移動させて設置

今でもなお、事故の影響で近づくことが困難な4号機。そのため補修するのではなく、さらに大きなアーチ型のシェルターで覆うことになった。シェルターは近くで組み立てられ、所定の位置まで滑らせる方式がとられた。

・巨大シェルターで密封

動画では、その一部始終を確認可能。高さ108メートル、幅257メートル、奥行き162メートルの巨大シェルターは寸分の狂いもなく、4号機を覆っていくと、無事に移動を完了した。ちなみに今回設置されたシェルターは100年間に渡り、放射性物質の飛散を防げるとのこと。

・安全に解体される日はくるのか

シェルターに覆われて見えなくなった4号機だが、放射能が消えた訳ではないことを忘れてはいけない。日本でも福島の原発事故から、もうすぐ6年が経とうとしている。はたして安全に解体される日はやってくるのだろうか。

参照元:YouTube読売新聞
執筆:原田たかし

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
栃木・壬生の「おもちゃ団地」でチャリティーバザール
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
最後の「フィクサー」児玉誉士夫とは何者だったのか
非公開の東京メトロ「10番目の路線」へ 「シークレットツアー」に潜入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加