ネイビーかぶり! キャサリン妃&メーガン妃、異なる魅力の公務ファッションがまたも話題に

ネイビーかぶり! キャサリン妃&メーガン妃、異なる魅力の公務ファッションがまたも話題に

  • SPUR
  • 更新日:2019/11/08

毎年11月11日の「リメンブランス・デー」は、第一次世界大戦の戦没者を追悼するイギリスの重要な記念日。この日に先駆けて、ロンドン市内ではさまざまなイベントが催されている。

2019年11月7日(現地時間)、ウィリアム王子(37)とキャサリン妃(37)はロンドンにあるセント・マーチン・イン・ザ・フィールズ教会を訪れ、テロなどの救急災害時に対応する慈善団体、ナショナル・エマージェンシーズ・トラストの設立記念式典に出席。

No image

Photo : Getty Images

一方で、同じ日にヘンリー王子(35)とメーガン妃(38)はウェストミンスター寺院で行われた追悼式典に参加した。

No image

Photo : Getty Images

キャサリン妃とメーガン妃はこの日別々の行事に参加したが、その公務スタイルの共通点に注目が集まっている。

ふたりが選んだのは普段よりフォーマル感のあるシックなデザイン。どちらもイギリスのユニフォームカラーとも言える紺色で、ともに追悼イベントにふさわしいチョイスを披露した。

No image

Photo : Getty Images

キャサリン妃が着用したのは英国ブランド、エミリア・ウィックステッドのベルト付きドレスで、もはや彼女の代名詞ともなっている“フィット&フレア”シルエット。耳もとにはサファイヤとダイヤモンドをあしらった、ダイアナ元妃のピアスがきらり。

No image

Photo : Getty Images

メーガン妃はカナダブランド、セントーラーのコートに同色のフィリップ・トレイシーの帽子を合わせ、足もとは黒のブーツでスパイスアップ。インテリジェントな着こなしを得意とするメーガン妃ならではの着こなしに。

どちらも戦没者への追悼の意を表すポピーの花のブローチがポイントになっていた。

No image

今年7月、ウィンブルドンにて。Photo : Getty Images

キャサリン妃とメーガン妃はともに、着用アイテムが即完売するほど絶大な人気を誇るファッションアイコン。しかしイギリスブランドを着こなすキャサリン妃と、アメリカやカナダなどの海外ブランドを好むメーガン妃は、対照的なことから比較されることも多い。

派手なファッションで批判にさらされることもあるメーガン妃だが、今回のファッションはイギリス国民のお眼鏡に叶ったのだろうか。

No image

Photo : Getty Images

バッキンガム宮殿の発表によると、11日に行われる式典では、ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子夫妻が久しぶりに集合する予定。近頃対立がささやかれる兄弟だけに注目が集まるが、ふたりのプリンセスがどんなファッションで登場するかも気になるところ!

>>正統派キャサリン妃vs攻めのメーガン妃! 英王室のファッショニスタふたりが魅せるシミラールック対決

>>世界のロイヤルファミリーが天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に参列! 王妃たちの華やかなドレススタイルをお届け

text : Saki Wakamiya

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無印良品の99円アイテムが、家中にあちこち置いておきたくなる隠れた逸品だった...│マイ定番スタイル
「ぶどうをレンジに入れるとプラズマ発生で燃える」は本当か 経産省やメーカーの見解は...
都道府県「幸福度」ランキング2019!3位福井、2位熊本、1位は?
血液型【思考停止】あるある O型はプレッシャーで、AB型は選択を急かされてストップ!!
給料が低くたって大丈夫。一生カネに困らないための五箇条の教え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加