「逃げ恥」“ハイスペックイケメン”風見さんの過去が明らかに 苦悩に反響「グッとくる」「一気に好きになった」

「逃げ恥」“ハイスペックイケメン”風見さんの過去が明らかに 苦悩に反響「グッとくる」「一気に好きになった」

  • モデルプレス
  • 更新日:2016/11/30

大谷亮平・逃げるは恥だが役に立つ/モデルプレス=11月30日】女優の新垣結衣が主演をつとめるTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜よる10時 ※この日はよる10時20分~)の第8話が29日、放送された。同作は、彼氏なし、院卒なのに内定ゼロ、さらには派遣切りにあい誰からも必要とされない辛さ、居場所の無さを強く感じている25歳の主人公・森山みくり(新垣)が、あることがきっかけで恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と「仕事としての結婚」をすることになる、“夫=雇用主、妻=従業員”という契約結婚を描いた社会派ラブコメディ。第8話では、俳優の大谷亮平演じる津崎の会社の後輩で“スーパーハイスペックイケメン”の風見涼太の苦悩が明らかとなり、反響を呼んでいる。

No image

(写真 : 大谷亮平、石田ゆり子「逃げるは恥だが役に立つ」第8話・場面カット(C)TBS)

◆風見さんの過去の恋愛が明らかに

津崎とみくりの契約結婚にいち早く勘付き、自分もみくりに家事代行を頼むなど、何かとみくりに近づく恋敵ポジションの風見。これまで「結婚」 に対しては、役に立つ相手であればしてもいいと思っているという合理的な考え方を示してきた。

同話では飲みの席でみくりのことで言い合いになった津崎から「僕とあなたは根本的に違うんです」と言われたことをきっかけに、中学時代に初めて出来た彼女のことを回顧。潰れた津崎を車で迎えに来てくれたみくりの伯母・百合(石田ゆり子)とのドライブシーンで、過去の恋愛を語りだす。

その頃から勉強もスポーツもでき、モテた風見が好きになったのは地味な女子。風見は彼女のことをとても好きだったが、周りの「何であの2人が」という言葉に耐えきれなくなった彼女から「風見くんといるのが辛いの」「私と風見くんは全然違うんだもん」と別れを切り出されてしまったという。拒絶する相手を包み込むほどの余裕はなかった若き日の風見。「向こうは僕の気持ちなんか考えちゃいないのに、自分ばかり見ている彼女に何を言えば良かったんでしょうか」としみじみと感慨にふけり、その言葉が後部座席で耳をそばだてていた津崎の背中を大きく押すこととなった。

◆百合との恋模様にも期待

★ガッキー、9年前と同じセーラー服姿に「変わらない」「奇跡」

恵まれたスペックを持ち合わせ、何不自由なく恋愛もこなしてきたように見える風見の知られざる苦悩に放送中ネット上では視聴者から反響が殺到し、「イケメンにもイケメンの苦悩があった…」「自分に自信のない人は自分のことしか見てない的セリフグッとくる…」「なんか考えさせられちゃった」「風見さんの株上がった!」「一気に好きになった~今までただのイケメンだと思っていてごめんなさい」など、印象が変化したよう。

また、感傷に浸った風見のために帰り道を遠回りし、「(車は)あなたが思ってるより、ずっと遠くまで行けるのよ」と大人の女性の優しさで包み込んだ百合との関係にも注目が。「風見さんと百合ちゃん良い感じ?」「この2人の距離感なんか好き」「風見さんとゆりちゃんでまとまらないかなって期待してる」など2人の恋模様の進展に期待する人も続出している。(modelpress編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋
テレ朝・田中萌アナのゲス不倫報道に乙武洋匡激怒「いまさら何を言ってるんだか」
週刊文春が「ゲス不倫」スクープ 田中萌アナが番組に出演せず
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加