神戸、練習試合で新システム ポドルスキが中盤に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15

ヴィッセル神戸は15日、神戸市内で約1時間半汗を流した。

23日のサガン鳥栖とのJ1開幕戦に向けて連日紅白戦を行っており、この日もシステムは4-3-3を試した。FWルーカス・ポドルスキ(32)は中盤に入り、試合の組み立てに集中。FW渡辺千真(31)が左サイドのMF郷家友太(18)と右サイドのMF三田啓貴(27)とともにリズムよく攻め入った。

ゴールを奪えず0-0に終わったが、渡辺は「システムやメンバーを変えながら、いろいろ試している。ゴールは決められなかったけど、今日は郷家と三田と距離感良くできて、良いパスが入っていた」と手応えを口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【コラム】川口能活、42歳になっても衰えない“サッカーへの情熱”...今季も相模原のけん引役に
藤井五段が史上最年少の棋戦優勝、中学生初
戦力アップかダウンか...J1ストーブリーグ通信簿【G大阪、C大阪、神戸、広島、鳥栖、長崎編】
藤井 最年少V&史上初中学生六段「望外の結果。でも自信に」
“駆け込み移籍”も!? JFAが最新「移籍リスト」発表! 29選手の去就がいまだ不透明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加