「もう一回観たくなる」と話題沸騰の『ファンタビ』特別映像! 「ハリポタ」との繋がりに憶測が止まらない

「もう一回観たくなる」と話題沸騰の『ファンタビ』特別映像! 「ハリポタ」との繋がりに憶測が止まらない

  • Aolニュース
  • 更新日:2016/12/02
No image

11月23日に全国966スクリーンで公開された、「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。初日から満席となる劇場が続出し、"ファンタビ"の魔法が全国にかかって大ヒットとなっている!この度、本作の特別映像が到着した。

https://youtu.be/cu4j9432FDM

舞台は、1920年代のニューヨーク。新主人公は人見知りの魔法使いで、魔法動物(ビースト)学者のニュートだ。ひょんなことがきっかけで、彼が大切にしている魔法のトランクを人間のものと取り違えられてしまい、魔法界の魔法動物たちが一斉に人間(ノー・マジ)の世界へ逃げ出し、街中が前代未聞のパニックに!

その頃、アメリカの魔法界はピリピリした空気に包まれていた。ニューヨークの街で地割れや建物の倒壊など危険な現象が相次ぎ、これを「魔女のせいだ」と騒ぎ立てるノー・マジの集団が出現していたのだ。「魔法使いの存在は絶対に知られてはならない」というのが、アメリカ魔法議会の不可侵の掟。危険な現象の原因は不明だったが、ヨーロッパで大惨事を引き起こした闇の魔法使いグリンデルバルトがいまだ逃走中との背景もあり、MACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)は強度の警戒態勢を敷いていた...。

ニュートを演じるエディ・レッドメインは「映画には、J.K.ローリングらしいユーモアと温かさに加えて、恐怖も描かれます。理解できないものに対する恐れや、その恐れに対する極端な反応を描いています。だからニューヨークの魔法使いたちは人目を忍ぶようにして暮らしているし、ノー・マジとは全く交流が無い。だから魔法動物を抹殺しようとするのも、魔法使いの存在を知られてはいけないという恐怖があるからだと思う」と明かす。

J.K.ローリングは「『ハリー・ポッター』とは意外な形でつながっている。グリンデルバルドの攻撃に関連がある。魔法使いが世界の秩序を始めて脅かすの」とファンにはたまらないヒントも明かしている。そして、「MACUSAのメンバーでさえ、グレイブスのことはよく知らないので、僕はこのキャラクターがどこまで謎なのかを楽しんで演じたんだ」と語るコリン・ファレル演じる名高い魔法使いパーバル・グレイブス。彼にまつわる謎のひとつは、エズラ・ミラー扮するクリーデンスに対して抱く非常に強い関心だが、そんなクリーデンスが手にするのはあの死の秘宝のネックレスだ。このシーンが意味するものとは?

No image

公開後、鑑賞した人がSNSなどで「面白すぎた!」「登場人物かわいすぎ」「ハリポタとのつながりがチラチラ見えて胸熱」など絶賛の声が絶えず、「観終わったばかりなのにもう1回観たい」「あと2回は観る!」など、複数回鑑賞を宣言している方も多く見受けられる。まだまだ魔法は解けることはなさそうだ!

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は大ヒット公開中!

(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

■映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公式サイト

fantasticbeasts.jp

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐藤健&土屋太鳳がW主演 感動の実話を映画化『8年越しの花嫁』
現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像
第2の「君の名は。」へ- 岩井俊二ドラマをアニメ化
窪田正孝が新人刑務官に!ドラマ「獄の棘」に主演
12月7日の注目映画第1位は『この世界の片隅に』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加