「赤毛のアン」ダーク面に着目した新ドラマ、第2シーズン決定

「赤毛のアン」ダーク面に着目した新ドラマ、第2シーズン決定

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/08/12
No image

「アンという名の少女」より - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

カナダの作家ルーシー・モード・モンゴメリーの小説「赤毛のアン」を新たにテレビドラマ化した「アンという名の少女」の第2シーズンが決定したと The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】新アン・シャーリーは1,800人以上から選ばれた少女!

同ドラマは「ブレイキング・バッド」のモイラ・ウォリー=ベケットが脚本・製作総指揮を務め、これまでの明るく正しいイメージとは少し違い、原作のダークな面に着目し、現代的な視点を加えている。前シーズン同様、第2シーズンもカナダではCBC局で放送され、その他の国ではNetflixで2018年に配信されるとのこと。

「アン・シャーリーはカナダから全世界への最高の贈り物です。Netflixの世界中のメンバーに、アンの次の章をお届けするのが待ちきれません」とNetflixのエリザベス・ブラッドリーはコメントしている。

キャストは引き続き、1,800人以上の中から選ばれたアイルランド生まれのカナダ人女優エイミーベス・マクナルティがアンを演じ、映画『ドラゴン・タトゥーの女』のジェラルディン・ジェームズがマリラ役で、「アボンリーへの道」でジャスパーを演じたR・H・トムソンがマシュー役で出演する。(澤田理沙)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『カンナさーん!』で痛恨の演出ミス!?  渡辺直美の“顔”に「ある違和感」
おのののか「僕たちがやりました」へ巨乳強調キャバ嬢で登場
歌広場淳『ごめん、愛してる』実況に大バッシング! 障がい者を「チンパンジー」呼ばわり
トリックの実行が大変すぎる...... 金田一に暴かれた犯人視点のスピンオフ漫画「犯人たちの事件簿」のツッコミが鋭い
政次(高橋一生)の“カウントダウン”にファン「政次ロスが全国を覆う」「山南の死と同じ第33回...」<おんな城主 直虎>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加