湘南MF山田直輝が浦和復帰「もう一度チャレンジ」

湘南MF山田直輝が浦和復帰「もう一度チャレンジ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

湘南から浦和に復帰することになった山田直輝

湘南ベルマーレが7日、浦和レッズから15年にレンタル移籍し、3季プレーしたFW山田直輝(27)が、浦和に復帰すると発表した。

山田は湘南を通じてコメントを発表。「もう1度浦和でチャレンジしたい、湘南スタイルで輝きたい。わがままなのは分かっています。でも行きたいんです、行ってきます」と、湘南を離れる事への複雑な心情を吐露した。

「このたび、浦和レッドダイヤモンズに復帰することになりました。まずは3年間、本当にありがとうございました。湘南ベルマーレの一員として戦わさせていただいたことに深く感謝しています。この3年間は僕にとってかけがえのない時間でした。そんな時間を過ごした仲間、サポーターとの別れは、僕が決断したことではありますが本当に辛いです。それでも、湘南で成長した新しい自分でもう1度浦和でチャレンジしたい、湘南スタイルで輝きたい。わがままなのは分かっています。でも行きたいんです、行ってきます。最後になりますが、うれしい時も、楽しい時も、苦しい時も、辛い時も共に過ごせた皆さんとの時間は僕の宝物です。こんな僕を応援してくださり、本当にありがとうございました」

山田は浦和の下部組織に所属した2008年に2種登録としてトップチームに登録され、4月の京都サンガ戦で17歳9カ月22日でデビュー。09年には日本代表にも選出されたが、その後、ケガがちで出場機会が減少し、15年に湘南にレンタル移籍。プロ10年目の今季、初挑戦となったJ2では、キャリアハイの39試合に出場し、自身最多の5得点を記録。前線の一角に入り、湘南の攻撃をけん引し、J2優勝と1年でのJ1復帰の原動力となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[MOM2349]磐田U-18 MF鳥羽隼(3年)_「借りを返すときが来た」2年越しの誓い達成へ突き進む先制点
藤井四段 A級棋士に勝った!公式戦3度目の挑戦で初
帝京長岡FW陶山は同点弾も悔しい一年に。大学のステージで「下積みをしっかりしたい」
帝京長岡は巧さ見せるも惜敗...注目ルーキーFW谷内田「不甲斐ない年になってしまった」
Bチームのためにも「プレミアに上がるのが使命」。前橋育英が5発快勝で悲願達成まであと1勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加