ジャック・ホワイトがブロンディをカバーする貴重な音源が発掘。ジャックがエンジニアとして働いていた頃のもの?

ジャック・ホワイトがブロンディをカバーする貴重な音源が発掘。ジャックがエンジニアとして働いていた頃のもの?

  • rockinon.com
  • 更新日:2018/10/12
No image

ジャック・ホワイトブロンディの“One Way or Another”をカバーしている音源が発掘されたことが分かった。

「NME」によると、ホワイトが主宰する「Third Man Records」の共同創設者で、ザ・ホワイト・ストライプスのアーカイブを管理するBen Blackwellがこの貴重な音源を発見したとのこと。

Blackwellの話では、90年代に400 Pounds of Punk というバンドが『He Once Ate A Small Child』とタイトルが付けられたカセットを録音していたことがあり、ホワイトはその時期にそのバンドのセッションエンジニアとして働いていたのだという。

Blackwellは最近になって、自宅の地下室で「全く記録がなかった」カセットを発見。

そのテープには、ジャック・ホワイトのボーカルがフィーチャーされたブロンディのカバー“One Way or Another”が収められており、Blackwellが投稿した「Discogs」のブログには、「ジャック・ホワイトの今までになく稀なフィジカル・リリース」だと綴られている。

音源は現在、YouTubeで公開されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『キャプテン翼』中学生編OP曲はジャニーズWEST、ED曲にマーティ・フリードマン参加
RADWIMPS 日本全国18歳世代と奇跡のステージ!「RADWIMPS 18祭(フェス)」10/8 NHK総合で放送決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加