明徳義塾が36年ぶり2度目V 神宮枠は四国へ

明徳義塾が36年ぶり2度目V 神宮枠は四国へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

3回表明徳義塾1死満塁、中隈がスクイズを決め2点目(撮影・鈴木正人)

<明治神宮野球大会:明徳義塾4-0創成館>◇14日◇高校の部決勝◇神宮

明徳義塾(四国・高知)が81年以来36年ぶり2度目の優勝を果たした。

1回に1点を先制。3回にスクイズで加点すると7回に2点を追加した。守ってはエース市川悠太投手(2年)が好投。要所を締め創成館(九州・長崎)打線を完封した。

この結果、来春センバツの明治神宮枠は四国が獲得した。一般枠が3から4になる。

今秋四国大会は明徳義塾が優勝、準優勝が英明(香川)、4強が松山聖陵(愛媛)と高松商(香川)だった。センバツ選考委員会は来年1月26日に行われ出場36校が決まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加