横綱稀勢の里、初日黒星 玉鷲に押し出される 立ち合い3度合わず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15
No image

玉鷲(左)に押し出される稀勢の里=福岡国際センター(撮影・持木克友)

「大相撲九州場所・初日」(12日、福岡国際センター)

横綱稀勢の里(田子ノ浦)は、前頭筆頭玉鷲(片男波)に押し出され、初日黒星となった。

過去9連勝と1度も負けたことがなかった玉鷲に対して、立ち合いが合わず、1度目は稀勢の里が右から張っていったが、2度目は玉鷲が突っかけた。3度目も息が合わず、4度目で立った。

両者押し合いとなったが、稀勢の里は上手どころか一度もまわしをつかめず、押しに上体を起こされて、土俵外へと押し出された。

稀勢の里は初場所で2度目の優勝を飾ったその後2場所は途中休場、先場所は全休だった。

稀勢の里は2日目、阿武咲と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢、休場危機!逸に完敗...4個目金星配給 進退問題浮上も
焦点は「貴乃花親方」に移った 日馬富士問題、続く非難と憶測の応酬
日馬富士の貴ノ岩暴行問題、始まりは錦糸町での口論
ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」
張本氏、日馬暴行で貴乃花親方は「自分に手をかけたのと同じという感覚」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加