ケネディクス---自己株式11,198,000株の消却を発表

ケネディクス---自己株式11,198,000株の消却を発表

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

ケネディクス<4321>は、独立系の不動産アセットマネジメント企業。J-REITや私募REIT、私募ファンド等を運用。受託資産残高は国内最大級。財務体質健全。不動産管理事業では内装工事事業等の収益が拡大。17.12期2Qは営業増益。

同社は13日に、自己株式の消却を行うことを決議した。
消却株式数は11,198,000株(消却前の発行済株式総数に対する割合4.5%)、消却予定日は2017年12月13日予定とのこと。なお、消却前の株式数(2017年10月31日現在)は、発行済株式総数が250,970,500株、自己株式数が11,198,000株。消却後の株式数(2017年12月31日見込み)は、それぞれ同239,772,500株、0株である。

アセットマネジメント事業は堅調。受託資産拡大によりアセットマネジメントフィーが増加。17.12期通期は2桁営業増益、増配計画。株価は上昇基調強めるが、PERには上値余地が残る。当面は見直し先行の展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12期連/F予/24,300/11,000/10,800/10,550/43.51/6.00
18.12期連/F予/25,800/12,000/11,800/10,200/42.06/6.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/17

<MW>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンダ アコード 新型に史上最強の「2.0T」、米国発売...シビックタイプR 譲りの252hp
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
【東芝危機】増資決定で米WDとの和解協議が前進も 月内合意はなお見通せず
前代未聞!あの1部上場企業で前・現社長が「排除し合い」の激烈バトル!
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加