中国が世界各国のネット発展状況をランク付け=中国2位、韓国3位、日本は?

中国が世界各国のネット発展状況をランク付け=中国2位、韓国3位、日本は?

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/12/07
No image

中国が世界各国のネット発展状況をランク付け=中国2位、韓国3位、日本は?

4日、中国が世界各国のインターネットの発展状況に基づくランキングを初めて発表した。資料写真。

2017年12月4日、中国メディアの環球網や中国経済網によると、中国が世界各国のインターネットの発展状況に基づくランキングを初めて発表した。

中国政府が主催し浙江省桐郷市烏鎮で開催されている「第4回世界インターネット大会」で発表されたもので、「グローバルインターネット開発指数」は、世界の主要38カ国を、インフラ、イノベーション能力、業界の発展、インターネットの応用、サイバーセキュリティー、インターネットガバナンスの6項目で評価した。

トップ3は米国、中国、韓国で、以下、日本、英国、シンガポール、スウェーデン、フランス、ドイツの順だった。

報告書は、中国のインターネットの発展状況について「中国はインターネット利用者が最も多く、取引量において世界最大の電子商取引市場およびモバイル決済市場である」と指摘している。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】バノン氏『トランプ大統領大胆な声明へ』
「恥ずかしいこと極まりない」、北朝鮮メディアの非難に韓国紙が反撃―米華字メディア
SHINeeジョンヒョンさん自殺か...日本のファンにも衝撃 悲しみの声広がる
日本がわざと?安倍首相、韓国野党代表を「高い席」からおもてなし=韓国ネット「まさに屈辱」「ずいぶんとひどい扱いをされて...」
中国留学生は日本で差別される? 「ストレスはあるが、不公平な扱いはない」=中国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加