【速報】杉田、ディミトロフに善戦するもストレートで敗れる[ABN AMRO ワールド・テニス]

【速報】杉田、ディミトロフに善戦するもストレートで敗れる[ABN AMRO ワールド・テニス]

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2018/02/15
No image

「ABN AMRO ワールド・テニス」(オランダ・ロッテルダム/2月12~18日/ハード)の大会3日目、杉田祐一(日本/三菱電機)が1回戦で世界ランキング5位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。第1セットを4-6で落とした杉田は、第2セットも6(5)-7で落とし、セットカウント0-2で敗れた。

第2セットはディミトロフのサーブからスタート。第2ゲームでいきなりデュースに持ち込まれ、杉田にピンチが訪れた。しかし、アドバンテージを奪った後、杉田は見事なネットプレーでこのピンチを切り抜けると、逆に第3ゲームで杉田にブレークのチャンスが訪れる。ここでディミトロフがダブルフォルトとなり、杉田がブレーク1つ先行する展開になった。

その後、ディミトロフは落ち着いたプレーをするかと思えば、急に気の抜けたような動きを見せるなど、少し集中が欠けるようなシーンも見られたが、杉田は今ひとつ攻め込むことができない。

第7ゲーム、ディミトロフのサーブがダブルフォルトとなり、デュースにまで持ち込むことができたが、ここはディミトロフがしっかりとサーブを決めてブレークすることはできなかった。

第10ゲーム、ここをキープできれば杉田が第2セットを取るという場面。0-30とディミトロフにリードされた後、杉田は30-30まで持ち直すが、ディミトロフが30-40とブレークポイントを握ると、続く杉田のリターンがアウトとなり、ゲームカウント5-5とイーブンに戻されてしまった。

そのまま決着はタイブレークへと持ち越された。最後はディミトロフのサービスエースが決まり、6(5)-7で第2セットを奪われ、1回戦敗退となった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」の時の杉田
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デルポ 7年ぶりVへ好発進
【告知】大坂vsコンタベイト
けが乗り越え2年ぶりの白星
フェデラー 歴代コーチに感謝
大坂なおみ、20歳の親離れ。セリーナを支えた新コーチと世界1位へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加