テコンドー金原会長の息子が語る「選手と協会の歯車が噛み合っていれば...」

テコンドー金原会長の息子が語る「選手と協会の歯車が噛み合っていれば...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/11

強化方針を巡ってトップ選手と対立し、混乱が続く全日本テコンドー協会の金原昇会長の長男、貴将氏(24)が10日、20年東京五輪2次選考会が行われた駒場体育館で取材に応じた。

No image

全日本テコンドー協会の金原会長

貴将氏は10代の頃はテコンドー選手で、日本協会の強化スタッフに名を連ねる。「正直な僕の意見としては、選手の気持ちも分かるし、協会の気持ちも分かる。選手も協会もやることを100%やっておけば、こういうことにはならなかった。選手と協会の歯車が噛み合っていれば、こういうことにはならなかった」と話した。

父の金原会長にはワイドショーを中心に、厳しい視線が向けられている。「父がああいう風に言われていると、気持ちがいいものではない。頑張っている姿は間近で見ている。外見からすると、第三者から見ると悪くとらえてしまう人もいるけど、とても優しい、情にあふれている人」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ウェールズ逆転予選突破 ユーロ出場20チーム決定
EURO2020予選終了、本大会出場を決めた20か国の顔ぶれは?
中村俊輔、英メディア特集“忘れられたベスト11”でトップ下選出 助っ人Jリーガーの名も...
韓国代表が2位転落。トルクメニスタン代表がスリランカ代表を2-0で下し首位浮上
日本代表戦観戦の神戸FWビジャ、16歳年下の元同僚との“再会ユニフォーム交換”に感激
  • このエントリーをはてなブックマークに追加