CTC、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」開発

CTC、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月17日、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したと発表した。

「IoTトイレ」は発電パネルと無線が内蔵されているセンサーを使用して個室トイレのドアの開閉状態を判断し、PCやスマートデバイスから空き状況を確認できるクラウドサービス。電源の確保や配線工事、サーバの設置などが不要なため、小規模なオフィスでも簡単に導入することができる。

No image

「IoTトイレ」のサービスフロー

No image
No image

「IoTトイレ」のセンサー、スマホアプリの画面

同社は三井不動産と共同で、2016年4月から7月にかけて、霞が関ビル内のトイレで実証実験を実施。同実証実験を踏まえ、トイレに設置した機器について、長期間にわたる連続運用やセンサーの感度調整、データ送受信に関するプログラム改修などを行ったという。

CTCは、9月1日から社内の霞が関と大崎オフィスでIoTトイレを実際に利用してサービス品質の向上を図り、秋から三井不動産のオフィスビルやその他東京都内のオフィスビル等の業務施設に向けて販売していくとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“タワーマンション課税”見直し案固まる
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
トヨタ、新型パワートレーンを発表! 2017年より搭載車種を拡大
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加