「ブラックリベンジ」WEB企画で視聴者が“星流砲”の餌食に!?

「ブラックリベンジ」WEB企画で視聴者が“星流砲”の餌食に!?

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/10/12
No image

「ブラックリベンジ スキャンダルメーカー」で、佐藤二朗演じる編集長・福島渾身のスクープが誕生! (C)YTV

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「ブラックリベンジ」。同ドラマのWEB企画として、ドラマに登場する週刊誌「週刊星流」が視聴者のスキャンダルを暴く「ブラックリベンジ スキャンダルメーカー」が、番組ホームページ上で展開されている。

【写真を見る】芸能人の名前をニックネームにすると、「ねつ造スキャンダル」が作り放題!?

偽りのスキャンダルが原因で夫を亡くした沙織(木村多江)が、夫を陥れた人物にスキャンダルで復讐していく姿を描く同ドラマ。木村の狂気をはらんだ熱演と、誰もが気になる「スキャンダルの裏側」を描いたストーリーが、早くも話題を集めている。

今回、同ドラマのWEB企画として、「ブラックリベンジ スキャンダルメーカー」がスタート。スマートフォンやパソコンから、ニックネームと「今の気分」を入力すると、ドラマの舞台「週刊星流」の編集長・福島(佐藤二朗)渾身(こんしん)のスクープとして、中吊り広告風の画像が表示されるという仕組みになっている。

表示されるユーザーのスキャンダルは、入力したニックネームや性別、今の気分の回答などによって変化。スキャンダルのパターンは、恋愛系やビジネス系などから、不条理なものやユーモラスなものまで、組み合わせ総数は数百パターンにもなるとのこと。

また性別を男性にした場合のみ、女性にした場合のみで表示されるパターンもあり、何度もチャレンジしたくなる企画となっている。表示された見出しの画像はSNSで投稿も可能なので、秀逸な見出しはぜひSNSで拡散してみよう。

■ 10月12日(木)放送 第2話あらすじ

圭吾(高橋光臣)の盟友だった政治家・塚本(神尾佑)への復讐(ふくしゅう)を果たした沙織(木村多江)。次なるターゲットに選んだのは、IT企業のイケメン社長との結婚式を間近に控える人気女優・サユミ(芹那)。サユミは5年前、圭吾との不倫ベッド写真を掲載された“女性A”の正体だった。沙織はサユミのスキャンダルを暴くべく動き出す。

世間的には「清純派女優」として通っているが、その裏では俳優、モデル、スポーツ選手らと派手な恋愛を繰り返していたサユミ。にも関わらず、それらを週刊誌にスクープされたことが一度もなかったのは、サユミの幼なじみでもあるマネジャー・奈津(小野ゆり子)が裏で手を回していたおかげだった。

沙織は、サユミの結婚特集にかこつけて奈津に接近。二人の昔話を聞き出すなど、奈津の警戒心を解くことに成功する。一方、高槻(堀井新太)は沙織の指示で、サユミの婚約者・有島(永岡佑)にある「ビジネス」を持ちかけていた。

その後、サユミは突然所属事務所の移籍を発表。奈津は相談もせずに移籍を決めたサユミに怒りをあらわにするが、サユミは聞く耳を持たず去っていく。再び奈津を訪ねた沙織は、奈津にサユミの本心を暴露。そして、奈津を取り込み、サユミを骨の髄まで炎上させようとする…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「監獄のお姫さま」視聴者混乱の斬新オープニングが話題「何が起こった?」 爆笑問題出演で「サンジャポ」パロディ
いじめと批判も「バカ殿様」特番に賛否両論
「温泉レポートにしか見えない......」元AKB48・篠田麻里子『水戸黄門』の入浴シーンが“ガッカリ”すぎ!?
山里がクロちゃんのポテンシャル引き出す「JUNK」ザキヤマ歌謡祭も
KAT-TUN・上田竜也、『おはスタ』で“笑わないコワモテ”を貫くもキュートさ滲み出る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加