最新ランキングをチェックしよう
【TPP】大筋合意、国内農家に不満 批准難航も 自民重鎮を再起用で沈静化へ

【TPP】大筋合意、国内農家に不満 批准難航も 自民重鎮を再起用で沈静化へ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/11/12

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加する11カ国は大筋合意に達したが、国内農家の間では不満も高まっている。合意内容に含まれる乳製品の低関税輸入枠や牛肉の緊急輸入制限措置(セーフガード)の発動基準が日本の農家にとって不利になるとの見方があるからだ。今後、発効に必要な国内手続きが難航する恐れもあり、政府は自民党の重鎮を起用し、沈静化を図っている。
 今回大筋合意した協定では、関税撤廃・削減など市

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テスラ ロードスター 新型、空飛ぶ車に? マスクCEOが構想明かす
加森観光とNISADE、ルスツリゾートに高級ホテル「The Vale Rusutsu」を建設
関電と大阪ガス、相互参入で客が大量流出し合い
大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた
広がる中食市場、コンビニの“主戦場”に ファミマは来年度3工場増強
  • このエントリーをはてなブックマークに追加