覚醒剤など使用し変性意識状態で性的行為/キメセク

覚醒剤など使用し変性意識状態で性的行為/キメセク

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

6月、違法賭博疑惑から芸能活動を再開し、ライブ後に頭を下げる清水良太郎容疑者

ものまねタレント清水アキラ(63)の三男、タレント清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕されたことが12日、分かった。東京・池袋のラブホテルで風俗嬢が「薬物を飲まされた」と110番し発覚。当初否認したが後に容疑を認め、尿検査で陽性反応が出た。“キメセク”をしようとした疑いもある。アキラはこの日夜会見し、涙を流し事務所からの解雇を明言した。

◆キメセク 覚醒剤や違法薬物、危険ドラッグなどを使用して変性意識状態になり(キメて)、性交(セックス)などの性的行為をすることの俗称。強い快感を得られる場合があることから、1度してしまうと薬物なしの性行為ができなくなる恐れがあり、副作用により体調に深刻な異変が生じることもあるとされる。ネット上で「キメセク相手」を求める行為が横行したり、女性への強制わいせつ目的で使用する男もおり、問題化している。風俗店関係者は「(派遣型風俗店の)デリヘルで、ホテルで男性客から薬物を使ったプレーを勧誘されたことがある風俗嬢は多いと思う」と証言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エスカレーターの車いす転落 後ろにいた女性が死亡
「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは
清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白
JR宇都宮線いまだ全面復旧せず 運行減で混乱続く
電柱衝突で後部座席の1歳男児が死亡 その時父親は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加