最新ランキングをチェックしよう
分子結晶のスピン液体における電荷と分子の振る舞い - 愛媛大など

分子結晶のスピン液体における電荷と分子の振る舞い - 愛媛大など

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12

愛媛大学などは10月11日、分子結晶におけるスピン液体の起源を解明したと発表した。

同成果は、愛媛大学大学院理工学研究科 山本貴准教授、理化学研究所、大阪大学、東京理科大学、豊田理研、高輝度光科学研究センターらの研究グループによるもので、10月10日付の英国科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

スピン液体は、1973年に初めてその存在が理論的に予測されたもの。正三角形が

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
猛毒が渦巻く死の湖。海の底に沈む「海底の湖」の鮮明な映像が公開される(メキシコ湾)
「大きな鼻」は「男のシンボル」...あの噂は本当だった!京大が検証
脳の病気と「犯罪」に関係が......暴力や犯罪を起こしやすい脳がある?
銀河中心にある超大質量ブラックホールの成長をめぐり新発見
台湾 衛星が活断層型地震をとらえた!倒壊した建物は断層上に建設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加