水沼宏太が天皇杯に続く決勝弾! C大阪、済州に劇的勝利でACL白星スタート!

水沼宏太が天皇杯に続く決勝弾! C大阪、済州に劇的勝利でACL白星スタート!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/14
No image

天皇杯に続く決勝点をもぎ取った水沼。今大会もラッキーボーイとなりそうだ。(C) Getty Images

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ1節、グループG・済州ユナイテッド対セレッソ大阪の一戦が2月14日、済州ワールドカップスタジアムで行なわれ、C大阪が1-0で勝利を収め、白星スタートを切った。

C大阪は、ゼロックス・スーパーカップを欠場したソウザがスタメンに復帰。GKは韓国代表GKのキム・ジンヒョン、DFは右から松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介と入り、中盤はボランチに日本代表の山口蛍とソウザ。左MFに清武弘嗣、右MFに水沼宏太、2トップは柿谷曜一朗と杉本健勇の新旧日本代表コンビとなった。

試合は、C大阪が圧倒的にボールを支配。前半途中で70%を超えるポゼッションを誇ったが、済州も堅い守りでゴールを許さない。

試合終盤には、プレーの流れのなかで清武と相手選手がもつれ、両軍が入り乱れて熱くなるシーンも。このプレーで清武と済州のパク・ジンポにはイエローカードが提示された。結局、前半は0-0で終了。

後半もボールを支配するC大阪に対して、済州はロングフィードでディフェンスラインの裏に大きく放り込んでくる展開に終始。61分には、C大阪ゴール前に際どいクロスが入ると、飛び込んだGKキム・ジンヒョンに対して、警告を受けているパク・ジンポがアフター気味に足の裏を見せて激突。しかし、このプレーにはイエローカードは提示されず、C大阪のユン・ジョンファン監督も激昂して第4審判に詰め寄るシーンも。

さらにその直後には、柿谷のポストプレーに対して、相手DFが身体ごと掴みかかるようなタックルでファウル。再びユン・ジョンファン監督が声を荒げてアピールすると、バーレーン人主審にたしなめられる一幕もあった。

C大阪は65分すぎ、左サイドでボールを奪うと、杉本、柿谷のパス交換から清武が右足で強烈なシュートを放つ。しかし、これは相手GKの好守に阻まれ、ゴールネットを揺らすには至らない。

終盤に入ると、C大阪のペースも落ち、済州に攻勢を許す時間帯も見られたが、後半アディショナルタイムの93分、途中出場の高木俊幸のシュートのこぼれ球を水沼が押し込み、ついに均衡を破る。そして、そのまま1-0でタイムアップ。C大阪が元日の天皇杯決勝に続く水沼の決勝ゴールによって劇的な勝利を収め、ACL白星スタートを切った。

C大阪は次節(21日)、ホームのヤンマースタジアム長居で広州恒大と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本橋、後輩に感謝の涙〔五輪・カーリング〕
韓国の大炎上選手が「銀」 リンクで土下座...マススタート女子
名古屋の新戦力・ジョーが開幕V弾!元ブラジルFWが衝撃デビュー
FC東京・久保、堂々開幕!「こんな感じかな」アジア王者も怖くない
祝杯に使った酒樽を廃棄...C大阪、当該サポ3人のスタジアム出入り自粛申し出を受理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加