浦安刺傷 逮捕の女「被害者とは面識ない」

浦安刺傷 逮捕の女「被害者とは面識ない」

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

18日、千葉県浦安市で男女3人が包丁で切りつけられた事件で、逮捕された女と被害者には面識がないことがわかり、警察は、場当たり的な犯行とみて調べている。

18日夕方、浦安市の路上で20~50代の男女3人が次々と包丁で切りつけられてケガをし、無職・瓜生裕美容疑者(32)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。

警察の調べに対し瓜生容疑者は「悩むことが限界になりやけになって人を刺した」と容疑を認め、「被害者とは面識がない」と供述しているという。

瓜生容疑者は現場近くの自宅から包丁を持ち出したとみられ、身柄を確保された際、意味不明な言葉を話したほか、「病院探しに絶望した」とも話していたという。

警察は、自宅の近くで場当たり的に犯行に及んだとみて、動機などを調べている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地下鉄の階段に車=50代男性「駐車場と勘違い」-東京
千葉大医学部生3人の実名公表、新たに医師逮捕
【報ステ】大分県佐伯市で2歳女児が行方不明
ASKA「尿検査要請に妻が激怒...」明かされた“緊迫の捜査現場”
【報ステ】新潟・避難児童いじめ 担任が「嘘」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加