NECと仙台白百合大、AIによる脳血管疾患の発症/重症化リスク予測研究を開始

NECと仙台白百合大、AIによる脳血管疾患の発症/重症化リスク予測研究を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/03/09

NECと仙台白百合女子大学は、宮城県富谷市の住民の健康増進に向けて、AI(人工知能)技術を活用して脳血管疾患の発症・重症化リスクを予測する共同研究を開始したと発表した。

同研究は、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つである「異種混合学習技術」と仙台白百合女子大学 鈴木寿則 准教授の公衆衛生学的知見を組み合わせ、匿名化したレセプト(診療報酬明細書)や特定健康診査のデータから、脳血管

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加