小田卓朗が1500メートルで5位 ウイリアムソン師円10位、中村24位/スピード

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/13

平昌五輪第5日(13日、江陵オーバル)スピードスケート男子1500メートルで、日本勢は日本記録保持者の小田卓朗(25)=開発計画研究所=が1分45秒44で、5位に入った。優勝はキエルド・ナウシュ(オランダ)が1分44秒1で金メダルに輝いた。

1000メートルと1500メートルの日本記録を今季、更新している小田は、同組で優勝したナウシュと滑走。ハイペースで飛ばす相手に最後まで食らいつき、惜しくもメダルには届かなかったものの、5位という好結果を残した。

ウイリアムソン師円(22)=日本電産サンキョー=は1分46秒21で10位、中村奨太(24)=ロジネットジャパン=は1分47秒38で24位に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ディズニーでマナー違反のJK急増。インスタ映え写真に批判の声
母から2000万奪った大銀行の"合法手口"
女性がお会計で「私も払います」と言った時に男性にされた最低行動3選
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
野性爆弾くっきーが最高月収告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加