星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」

星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/11/12

初の東北大会優勝をめた聖光学院。頂点を目指して臨んだ神宮大会だったが、惜しくも創成館に敗れ、初戦敗退となった。だが、その中で光る活躍を見せたのは3安打を打った星 歩志だ。東北大会全4試合を放った星は神宮大会に入っても好調を維持した。

自慢のスイングスピードの速さと対応力の高さは独自の素振りで作り上げた

No image

星 歩志(聖光学院)

聖光学院が警戒していたのは、創成館の投手陣。左腕エースの川原 陸、右サイドの140キロ右腕・伊藤 大和と今大会の中でも好投手の立ち位置にある2人は強打で東北大会の頂点に立った聖光学院も厄介な投手陣だとみていた。星は創成館の2人でのピッチングをチームメイトと一緒に見ていた。

「良い投手だと思いましたし、そのあと、選手たちと一緒に話し合ったのは技術どうこうではなくて、気持ちで打っていこう、攻略をしていこうと思いました」

そして迎えた初戦。第1打席。左腕・川原が投じたスライダーを見事に打ち返し、ライトへ。

「あの打席、詰まり気味だったのですけど、うまく抜けてくれてよかったです」と神宮初打席をヒットで弾みをつけた星は第2打席は、2番手右腕戸田 達也が投じたストレートを振り抜き、ライトへ三塁打。「うまく打てました」と笑顔を見せた。第3打席は5回裏、二死満塁で打席に立った。4対6と2点ビハインド。大きな期待をかけられて打席に立った星だが、結果は投手ゴロ。

「2本続けて打っていたので、もう1本を打とうと欲が出てしまった打席ですね。ボール球に手を出してしまい悔しい打席となりました」と悔やむ星だったが、8回裏の第4打席。右サイドから140キロを投じる速球派右腕・伊藤 大和から左越え安打。なんと4打数3安打の活躍で存在感を示した。

星は捕手として入学。しかし故障もあり、2年夏までベンチ入りをしていない。どうやってベンチ入りしたのかといえば、打撃だった。星が自信しているのはスイングスピードと打球の速さだ。どうやって磨いてきたのか。それは自主練習の素振りだが、取り組みの内容が実に濃いものである。

「自主練習での素振りですが、この時は何かの柱を投手に見立てて、素振りをします。素振りは外角高め、内角ストレート、外角へのスライダーなどをイメージして1日150スイングは必ずします」

そうすると、スイングスピードも一段とついて、「自分はイメージすることが得意」と語るように、どのコースをどう打てばいいのか、試合の中で表現できるようになった。主に6番打者だが、東北大会準決勝で本塁打を打つなど、長打力を発揮しつつある。

「今日の試合は試合前から決めていた思い切りいく!ことがしっかりと実践できて自信になりました」と笑顔で語る。それでも一冬超えても、自分はつなぎ役として貢献をしていきたいと考えている。

「前には五味、矢吹など打てる打者が多いので、自分は後ろを打つ打者として後を打つ打者へつないで、チームに貢献したい」と謙虚に語るが、それでも星が打てれば、相手投手に大きなプレッシャーをかけることとなる。この冬の星の進化を期待したい。

(文・河嶋 宗一

注目記事

第48回明治神宮野球大会 特設サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍J、宿敵・韓国と大一番 先発は巨人・田口
侍MVP外崎の青森実家リンゴ園は「今忙しい時期」ネット直販で現在は予約完売
ソフトB2位・高橋熱望「工藤塾」入門
アジアCSベストナイン、侍から5名選出 好機演出、日ハム同期コンビも!
侍にリンゴスター誕生 外崎が3戦6安打4打点でMVP 青森の実家はリンゴ園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加