直前、燃料切れ訴えるパイロット コロンビア墜落

直前、燃料切れ訴えるパイロット コロンビア墜落

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

ブラジルのサッカー選手を乗せたチャーター機がコロンビアで墜落した事故で、パイロットが墜落直前に燃料切れを訴えていたことが新たに分かりました。

複数の現地メディアが手に入れた管制塔との交信記録では、パイロットが墜落の直前に電気系統が機能せず、燃料も切れたとして緊急着陸を求めていました。非常事態を訴える交信は数分続き、途絶えたということです。生き残った乗員は「乗客の多くが立ち上がり、叫んでいた」と墜落直前の機内の様子を明かしました。この事故で、多くの選手を失ったブラジルのサッカーチーム「シャペコエンセ」が試合を行う予定だった会場などでは先月30日に追悼式典が行われ、サポーターらが突然の選手との別れに涙を流しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
15人の兵士が女性を輪姦...日本人だけが知らない南スーダンの惨状
覚せい剤密輸業者が語る裏手口「シャブは溶かして隠すのが一番です」
中絶手術後に妻死亡 夫が記者会見
正体不明の“ゼリーモンスター”が米海岸に大量出現→砂浜で暴れる→翌日完全消失! 理学博士がトカナに緊急コメント
ASKAどころではない! ハマると死ぬ世界の最新最凶ドラッグ5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加