SILENT SIRENがファン投票によるリクエストライブ開催、1位に選ばれた楽曲は

SILENT SIRENがファン投票によるリクエストライブ開催、1位に選ばれた楽曲は

  • ナタリー
  • 更新日:2018/02/14

SILENT SIRENが2月11日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて「別冊カドカワDirecT Presents『SILENT SIREN サイファミVSサイサイ ALL TIME REQUEST LIVE』」と題したライブを開催した。

No image

「別冊カドカワDirecT Presents『SILENT SIREN サイファミVSサイサイ ALL TIME REQUEST LIVE』」の様子。(撮影:ハタサトシ)

これは2017年下半期のSILENT SIRENの活動に密着取材していた雑誌「別冊カドカワDirecT」が、彼女たちが表紙を飾る最新号の発売を記念して企画したライブ。タイトル通りこの日のセットリストは、インディーズ時代から最新シングル「ジャストミート」までの全85曲を対象に行われた、サイサイファミリー(SILENT SIRENファンの呼称)による投票を基に組まれた。

プロレスのリングのように三方をロープとポストで囲まれたステージに、最初に登場したのはオープニングアクトのMade in Raga-sa。昨年8月に東京・新木場STUDIO COASTで行われた「サイサイフェス」のオーディションでグランプリを獲得した4人組ロックバンドだ。彼らは切ないメロディと力強い演奏で堂々たるパフォーマンスを見せた。

その後ステージが暗転し、ステージ後方に設置されたスクリーンにオープニング映像が流れ始める。「見せてやるよ、うちらの本気!」「余裕っしょ!」「うちらの圧勝だね!」とSILENT SIRENメンバーが意気込む映像と、ライブ前に収録されたサイファミたちによるコメントが交互に流れ、「サイファミVSサイサイ」というイベント名の通り会場は対決ムードに。インスト曲「無音の警告」が流れる中、ステージに現れたメンバーは「Routine」でライブをスタートさせ、それと同時にスクリーンに「7位」という文字が浮かび上がった。

その後も彼女たちは投票結果の順位を発表しながら次々と楽曲を披露。すぅ(Vo, G)が自身の母親を思いながら書いた「イブニングスター」(8位)は、ライブで披露されるのが数年ぶりということもあり客席は大いに沸いた。「want CHU▽」(4位。▽はハートマーク)では、ゆかるん(Key)のリードに合わせてオーディエンスの手が一斉に左右に揺れた。「→」(3位)や「初恋記念日」(10位)といったポップチューンが間髪入れずに続いたのち、「ここから切り替えて、もっともっと声出せますかー!」というあいにゃん(B)の煽りと共に「milk boy」(6位)に突入。ひなんちゅ(Dr)が叩き出す性急でタイトなビートで会場内がヒートアップする。なお、彼女たちがこの日に着用した衣装もサイファミの投票で1位を獲得したもので、2015年に大阪・オリックス劇場と東京・東京体育館で開催された「Silent Siren 2015 年末スペシャルライブ 覚悟と挑戦」での和をイメージした衣装が採用された。

MCを挟んだあとの中盤戦は、ポップでキュートな「stella☆」(13位)からエモーショナルで疾走感のある「八月の夜」(15位)という、バンドの魅力を凝縮した流れに。さらにシングル「恋い雪」のカップリングでアルバム未収録の「チャイナキッス」(14位)も披露され、ひなんちゅは「『え、ここでこう来るの?』っていう異様なセットリストでやってます」と今回の狙いを明かした。その後、彼女たちがCMキャラクターを務めている中華そば専門店「天下一品」の木村勉社長がこの日のために京都から来場したことが告げられ、オーディエンスは一斉に「社長! 社長!」とコール。木村社長が立ち上がってそれに応えるという一幕もあった。「めちゃめちゃひさしぶりにやる曲」と曲紹介して「Delay」(11位)を演奏したのち、前半のMCでは不安混じりに「何年かぶりにやる曲もあるから」と話していたすぅも、「昔の曲を今やるっていうのは楽しいね」と満足げな表情を浮かべていた。

これまでのランキングをおさらいしたあとに、いよいよランキング第1位の楽曲を発表。エモーショナルなロックナンバー「Limited」が1位に選ばれたことが明かされ、4人はひさびさにこの曲を演奏した。ランキング発表後は「ジャストミート」「DanceMusiQ」「フジヤマディスコ」という最近の人気曲を連発し、大盛り上がりのうちに本編終了。アンコールでは、3月18日に始まるツアー「LIVE TOUR 2018 ~"Girls will be Bears" TOUR~」の予告編とも言える、最新アルバム「GIRLS POWER」に収録されている新曲「merry-go-round」をライブ初披露した。そして最後は「チェリボム」で会場中を踊らせて大団円。ファン投票によるリクエストライブは、ふたを開けてみれば、特定の時期に偏ることなくさまざまな時期のさまざまな楽曲が選ばれるという結果となった。

SILENT SIREN「別冊カドカワDirecT Presents『SILENT SIREN サイファミVSサイサイ ALL TIME REQUEST LIVE』」2018年2月11日 EX THEATER ROPPONGI セットリスト

01. Routine
02. イブニングスター
03. KAKUMEI
04. want CHU▽
05. →
06. 初恋記念日
07. milk boy
08. stella☆
09. 八月の夜
10. チャイナキッス
11. Delay
12. Starmine
13. Star drops
14. シンドバッド
15. Limited
16. ジャストミート
17. DanceMusiQ
18. フジヤマディスコ
<アンコール>
19. merry-go-round
20. チェリボム

楽曲リクエスト最終順位(上位20曲)

01位:Limited
02位:Star drops
03位:→
04位:want CHU▽
05位:シンドバッド
06位:milk boy
07位:Routine
08位:イブニングスター
09位:Starmine
10位:初恋記念日
11位:Delay
12位:KAKUMEI
13位:stella☆
14位:チャイナキッス
15位:八月の夜
16位:フィルター
17位:escape
18位:まだ見ぬ明日を
19位:Pandora
20位:alarm

ステージ衣装 / リクエスト順位

1位:2015 年末スペシャルライブ 覚悟と挑戦
2位:2016 年末スペシャルライブ Dream on!
3位:Live Tour 2015 Spring → Summer -サイレン VS サイレント-
4位:Live Tour 2016 Sのために Sをねらえ! そしてすべてがSになる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
satoshi(ex.DIV) 率いるLapLus、初ミニアルバム「HAKUMEI」を配信リリース
若手V系バンド「POIDOL」が新ヴィジュアルを公開、新作タイトルは「エウレカ」
森 恵、4年ぶりのオリジナルフルアルバム
【ライブレポート】新山詩織、5周年記念ツアー最終日「私は私を変えていきたい」
安室奈美恵、ラストドームツアー開幕。新旧折り混ぜた30曲を披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加