ホンダ「WR-V」南米向けの新型コンパクトSUV、市販予定車のスケッチを公開

ホンダ「WR-V」南米向けの新型コンパクトSUV、市販予定車のスケッチを公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

本田技研工業のブラジルにおける四輪車の生産販売子会社、ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダは17日、新型コンパクトSUV「WR-V」市販予定車のスケッチを公開した。11月の「2016年サンパウロ国際モーターショー」で世界初公開される。

No image

ホンダ「WR-V」市販予定車のスケッチ

「WR-V」は「Winsome Runabout Vehicle」の略で、南米のニーズにもとづきホンダR&Dブラジルで開発。アクティブに生活を楽しむユーザーが求める、タフでありながら都会的なSUVデザインと高いユーティリティーをコンパクトなボディーサイズで実現している。

同車は今後、ブラジルをはじめとする南米地域で販売される予定。ホンダはSUV市場が拡大する南米へ、「CR-V」「HR-V」に続く新たなコンパクトSUVを投入することにより、SUVの商品ラインアップをさらに充実させていくとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
止まらないC言語の下落 - 12月言語ランキング
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加