紅白過呼吸に続き災難...欅坂、武道館断念 平手友梨奈が右腕全治1カ月

紅白過呼吸に続き災難...欅坂、武道館断念 平手友梨奈が右腕全治1カ月

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/14

欅坂46の平手友梨奈(16)が右腕の上腕三頭筋損傷で全治1カ月と診断されたことが13日、分かった。

公式サイトで「右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1カ月の怪我と診断されました」と発表された。関係者によると、入院はしていない。

欅坂は31日と2月1日に東京・日本武道館で単独コンサートを予定していたが、運営側は協議の結果、万全のパフォーマンスが困難と断念し、30日に武道館公演を予定している妹分グループ、けやき坂46が3日間連続で行うことに決めた。

平手は昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で、鈴本美愉(20)、志田愛佳(19)とともに過呼吸状態となり、看護師の手当てを受けたほか、今月8日と13日の握手会イベントを欠席。14日に名古屋市内で行われる握手会も欠席することを発表していた。

No image

右腕の上腕三頭筋損傷で全治1カ月と診断された欅坂46の平手友梨奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
斎藤学「自分が一番厳しい道を」川崎F移籍理由語る
川崎F大島僚太、昨年9月に結婚「引き続き全力で」
INAC神戸・新加入のMF李ミ雅がミニスカ&ハイヒールで登場
連続ドリフト世界記録が更新! ツインドリで給油する荒業 8時間に渡って滑り続ける
ガンバ大阪、強化のエキスパートが明かす「クルピ招聘の狙いと補強のこれから」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加