船井龍一が新王者 8回2分55秒KO勝ち

船井龍一が新王者 8回2分55秒KO勝ち

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/14
No image

両目周囲をカットしながらも、WBOアジア・パシフィックスーパーフライ級王座を獲得した船井龍一

<プロボクシング:WBOアジア・パシフィックスーパーフライ級王座決定戦12回戦>◇14日◇東京・後楽園ホール

同級1位の船井龍一(32=ワタナベ)が新王者となった。世界挑戦経験もあるフィリピン人の同級3位ワルリト・パレナス(34=森岡)と同王座を争い、8回2分55秒、KO勝ちをおさめた。

両目周辺のカットで流血するアクシデントも強打ではね返した。6回に相手パンチで右目上、バッティングで左目上をカット。流れる血で視界が狭まりながらも、序盤からコツコツ当ててきたボディーブローでスタミナを失ったパレナスを攻め込み、8回、左右のボディーブローからの右ストレートでダウンを奪取。「カットした瞬間はヤバイと思いました。これは本当に良い経験」と安堵(あんど)の笑み。日本同級王座に続く、2本目のベルトを手にした。

今年1月に日本王座を返上し「試合が決まらなくてモチベーションを保つのが大変でした」と振り返る。区切りの30勝目を挙げた32歳が掲げる目標=世界王座の奪取だけを頭に浮かべ、パレナス戦に集中したという。渡辺均会長は「大みそかに世界戦を組むことができれば」と期待を寄せていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
SSS、最後の最後に明かした引退理由は妻の逝去
新日本・SSマシン“涙”の引退試合 ワカマツ復活、夫人の死去も告白
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加