最新ランキングをチェックしよう
日本の鉄道はどうできた? 『エンジニール』作者に聞く教科書にない「黎明期」とは

日本の鉄道はどうできた? 『エンジニール』作者に聞く教科書にない「黎明期」とは

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/10/18

「未熟で素朴」だった明治時代の鉄道 明治から昭和時代にかけて、技師として日本の鉄道黎明期を支えた島 安次郎(しま やすじろう)という人物がいました。蒸気機関車の開発や旅客サービスの拡充、鉄道の国有化などに携わったほか、新幹線計画の源ともいえる「広軌改築計画」や「弾丸列車計画」も手掛けた人物です。鉄道ファンの間では名の知れた人物ですが、しかし一般的な知名度はあまり高くないかもしれません。そもそも、鉄

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS12で「ディスプレイの画質が落ちた」との苦情
ネイマール獲得、カタールW杯招致の陰で...「今そこにある疑惑」
日本代表、森保監督交代へ?新たな指揮官はドナドーニ氏か
世界で唯一?韓国のスタバのマグカップに書かれた注意書きに、韓国ネット「恥ずかしい」
現地大使館も激怒した「中国人侮辱」のスウェーデンのテレビ番組の内容とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加