桑田佳祐、体調万全!東京ドームで大合唱!

桑田佳祐、体調万全!東京ドームで大合唱!

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/13
No image

ソロ活動30周年を迎えた歌手の桑田佳祐 (61)が12日、東京ドームで5年ぶりの全国ツアーの東京公演を行った。

ツアーは5大ドームを含み過去最大規模で、40万人を動員予定。男性ソロアーティストで、2度目の5大ドーム公演を行うのは桑田が初めて。

この日は、2日間にわたる東京ドームの最終日。ステージに桑田が現れると約5万5千人のファンは大歓声。最新アルバム「がらくた」の収録曲を中心に「簪 / かんざし」「大河の一滴」など全28曲を歌い上げた。全国ツアーは2010年に開催予定だったが、初期の食道がんを患い療養のため中止となった経緯もあり、「きょうは万全の状態で臨もうと、内視鏡検査をしてきました。下部内視鏡検査、大丈夫でした!」と報告した。朝ドラの主題歌「若い広場」を歌う際には、桑田の「60歳を過ぎても、まだまだ“ひよっこ”!」という合言葉をきっかけに始まり、大サビでは観客も一体となって大合唱。ソロデビュー曲「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」では、ステージ上のスクリーンに20枚以上の写真が映し出され30年間の軌跡を振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニゾン、1日限定で“fake town baby”MVフル解禁。メンバーが燃え盛る炎の中で演奏
GLAY新作ジャケの後ろ姿は沢村一樹だった「顔が映らない撮影は初めて」
indigo la End、配信限定シングル『冬夜のマジック』リリース。発売日は川谷絵音の誕生日
気鋭の韓国人ユニット・JG、12・20に初シングル アンダーグラフの名曲「ツバサ」をカバー
成田凌が杉咲花にプロポーズ、LANYの楽曲に乗せたショートフィルム公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加