小川直也ジュニアが講道館杯初V 明大3年の小川雄勢が男子100キロ超級初優勝

小川直也ジュニアが講道館杯初V 明大3年の小川雄勢が男子100キロ超級初優勝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15
No image

講道館杯で初優勝した小川雄勢(左)と父・直也氏

「柔道・講道館杯」(12日、千葉ポートアリーナ)

男子100キロ超級で、元世界王者の小川直也氏を父に持つ大学3年の小川雄勢(21)=明大=が、決勝で元五輪代表の上川大樹(京葉ガス)に大内刈りで一本勝ちし、初優勝を飾った。

柔道王の遺伝子を持つ男がついにビッグタイトルを手にした。実績のある上川に対し、左組みからの大内刈りで見事に一本を奪取。「昨年のこの大会で負けてから、ライバルたちと差がついた。優勝したい気持ちが強かったのでうれしい」とホッとした表情を見せた。

直也氏に続き親子での大会制覇となったが、「おやじにはいつもまだまだだと言われるので、また頑張ります」と雄勢。12月のグランドスラム東京大会への出場権も獲得し、「しっかり優勝という結果を残せるように頑張る」と気合を入れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
たむけん、マラソンも炎上も「もう勘弁」神戸マラソン何とか完走
ボクシング世界戦史上最短KOタイム更新!初回11秒KO決着
田口が大晦日に八重樫秒殺王者と史上3人目の統一戦「あだ討ちの気はない」
拳王が初出場初優勝「オレがノアの舵を取る」宣言
原田大輔が初防衛、ノアジュニア戦士奮起促す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加